虫歯の治療のため削った歯や欠けてしまった歯、隙間が空いていて食べたものが挟まりやすかったり、話をするときに音が漏れるなどして困るようなときには、歯に被せ物をしたり貼り付けたりすることで補いますが、これが銀歯などの金属で行われてしまうと審美的に良くなく、金属アレルギーが出てしまった時の心配もあります。

歯医者でおすすめしたいのは、自分の歯と見た目にも変わらないセラミックを用いた治療を行ってくれる病院で、しかも正確にベストな歯の形を作ってくれるところです。セラミックの被せ物をきれいに仕上げてくれるところには、デジタルラボ用のCADやCAMシステムを導入しパソコンで精密な設計を行い、ハイブリッドなセラミックを治療に用いている病院です。

この設備の導入を行っているところを選べば、本物と見分けがつかない自然な歯に仕上げてもらうことが可能です。歯医者はおすすめの設備が整っているところにすることで、見た目が気に入らない仕上がりになってしまうことを防ぐことができます。

セラミックの材質にもいろいろあって、長期間色の変色がないものから奥歯に使用して圧力などがかかっても欠けにくく強度があるものなど様々で、価格にも違いが出てきますからじっくり話し合って治療を進めてもらうと良いです。設備が整っていておすすめな歯医者だと思って通ってみたら、説明などが無く淡々と治療を進めようとする医師もいますが、きちんと説明を求め、応えてくれない場合には別な病院を検討すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *