虫歯の治療で歯医者へ通い歯を削って被せものをすることが多いですが、歯を大きく削ったり神経を抜いてしまうことによって歯の寿命が短くなってしまいます。

最近では、削ってしまう治療方法だけではなく虫歯菌を殺菌していく治療方法が注目されてきています。いつまでも丈夫な歯を保つためには、できるだけ削らないようにすることがおすすめされてきています。ドックベストセメントと呼ばれている治療方法は、虫歯菌を殺菌することである程度の大きさの虫歯は削ることなく治すことができるため歯医者でおすすめの治療方法として注目されています。

利用されている成分はミネラルでFeイオンとCuイオンのコンビネーションによる殺菌作用によって、歯を溶かしてしまう虫歯菌の生成を抑制する効果があります。痛みを感じる心配がありませんので治療で麻酔を使用するということもありません。削っていく治療方法の場合は神経まで到達してしまうケースがありますが、最新治療のドックベストセメントはこのような可能性が低く神経を残すことができる確率が高いとされています。

利用されているミネラル成分は、銅やリン酸、亜鉛などのような天然成分ですので副作用の心配をする必要がない安全性の高いものです。虫歯部分を殺菌洗浄をしていった後にその部分をドックベストセメントによって閉じ込めるように封鎖し、およそ1年くらいの間詰め物をして治癒していくのを待ちます。歯に負担が少ないおすすめの治療ですので、歯医者でご相談になってみてください。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *