従来までは何らかの理由によって歯を失ってしまった場合に、部分入れ歯やブリッジなどの治療方法が用いられていました。

最近では歯医者の最新技術を用いたインプラント治療がおすすめされています。部分入れ歯などの場合は、ぐらつきを感じたり口腔内に違和感を感じるケースがありました。またブリッジ治療をおこなう場合は、失われた歯の部分の両サイドにある健康な歯までを削ってしまうという大きな負担がデメリットだとされていました。歯医者でおすすめされているインプラント治療は、このような心配をする必要がなく自分の歯のように食事を楽しむことができると支持されています。

保険が適用されないことから費用が高くなってしまいますが、部分入れ歯などからインプラントにされる方もたくさんいらっしゃいます。インプラント治療は顎骨部分に人工歯根として埋め込んでいくというもので、1本の歯がなくなってしまったようなケースから全部の歯がなくなった場合などまで適用することができる治療方法になります。

強度があり骨と結合させていく治療方法ですので、インプラントに使用されている材質はチタンやチタン合金などが利用されています。近年では表面部分をさまざまに改変されたものなどが登場し、改良が加えられて臨床成績なども向上してきています。歯が失われてしまった方で治療をお考えの方におすすめの治療方法ですので、歯医者で歯の状態や顎骨の状態などをチェックしてもらいご相談になってみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *