マイクロスコープとは精度の高い顕微鏡のことを指し、医療業界では治療や手術の際に使用されている機器の1つです。

外科や内科での治療の際のマイクロスコープの使用は割と一般的になってきていますが、最近では歯科業界でもマイクロスコープが普及してきているといえます。今までは肉眼で、歯科医の手で器具をもち歯を治療することが一般的でしたが、やはり人の手、肉眼ともなれば視力にも個人差がありますので治療の精密さや正確さには限界がありますが、それでも歯医者に通われている患者様それぞれに必要とされる高度な技術が求められる治療にはミクロン単位での正確さが必須であるともいえます。

そこでマイクロスコープを使用することにより肉眼の3~20倍に拡大した視野の中での治療が可能となり、治療レベルが格段にあがるといえます。歯医者の治療では主に虫歯治療、歯の神経を抜いた方に施す根管治療、審美歯科治療でこの機器を使用しており、悪いところは完全に削り取るけれど、虫歯意外の健全な部分の歯を無駄に削ることもなくなり、より精密な治療をスムーズに行えることが特徴としてあげられます。

しかし現段階ではすべての歯医者にマイクロスコープが導入されているわけではなく、技術講習や試験を受けて使用できる環境や技術を習得した歯医者のいる歯科医院や大きな病院などにのみ取り入れられています。普及率としてはまだあまり高くはないので、より精密な治療を希望している場合には事前に歯科の情報を調べたり、問い合わせてから足を運んでみたほうが良いといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *