歯医者ではより精密な治療が要求されています。

それが再発の予防になります。歯周病の原因菌や虫歯の理由になる歯垢を取り除くことなどを考えるとよくわかります。神経を扱うような、よりミクロン単位の治療がより効果的になります。歯科技工士にも同じことがいえます。そういう過程の中で歯医者の治療の世界にマイクロスコープが少しずつ導入されています。つまり専用の顕微鏡を使って治療や手術を行う方法です。マイクロスコープは垂直上にレンズが取り付けられているので、患者の口元の方向を見ずにレンズごしにミクロン単位の精密な治療を行います。

しかし、研究室や他の手術現場ではよく目にする光景ですが、歯科の現場においては全国的に数パーセントにとどまっています。歯医者ではマイクロスコープがコスト面の問題や歯医者が実際に使用できる環境になるまでの普及力はまだ見せていないのが現状になっています。導入されれば歯医者側や患者側としてもいいことづくしのような、今までは見過ごせていた部分にまで行きわたった完璧な治療ができるようになります。

歯並びにおいても精密になるので自然な歯並びにすることができます。他の体の部分の病気や手術に再発要素が見えていなかったとすると大変なことになりますが、歯科で扱うマイクロスコープでも同じことが言えます。よりクリーンな治療が施され、再発やまた治すことに苦労する期間が軽減される可能性が出てきます。マイクロスコープ使用はまだ数十年と経っていなく他の医療現場や3Dプリンターが導入される現場と同様、より広く普及されることがのぞまれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *