欠損歯の治療においては、従来の入れ歯やブリッジ等の治療法からインプラントが選ばれるようになりました。

これは機能性に優れた欠損歯の治療となる為です。インプラントで補われた歯は従来の治療法で頻発した日常会話での違和感をなくし、天然の歯と同様に食事を楽しむことも出来るようになります。よって、インプラントが欠損歯の治療における主要な選択肢の一つとなりました。しかし、インプラント治療に対応する為には、歯医者にも高い技術力が要求され専用の設備が完備してある事が条件とされます。

とりわけ、インプラントの手術を行う上では三次元の断層画像が撮影できる医療機器や専用の手術室が完備してある歯医者であることが不可欠です。これらの院内設備が精度が高く安全性の高いインプラント治療を可能にします。且つ、マイクロスコープを完備している歯医者では身体的に負担の少ないインプラント治療が期待できます。これは肉眼では把握する事が不可能な箇所にも配慮した治療となる為です。具体的には、マイクロスコープを用いて歯茎を切開し負担の少ない手術とすることも可能です。

また、人工歯根を埋め込む部位の骨に穴を開ける場合、位置を正確に見極める事が出来るのです。その為、精度が高いインプラント治療となります。更に、インプラント治療のメンテナンスでもマイクロスコープは活用されており、インプラントの安定性に支障を来たす歯石を除去する際に活用されています。マイクロスコープを用いて人工歯根の状態を詳しく観察する事で、些細な状態を認識する事が可能になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *