ハイヤーとタクシーの運転手の違い

ハイヤー運転手とタクシー運転手は、ぱっと見では同じような事をしていると思われがちですが、実は微妙な違いがあります。

ハイヤーの運転手といえばこちらです。

ハイヤーは基本的に二種免許が無ければできない点はタクシーと同じです。


しかし、タクシーみたいに流しで乗客を拾ったり駅前や空港や観光地のタクシー乗り場で待機して乗客を乗せるという事はありません。

では、そうしているかと言いますと基本的には営業所で待機しています。



営業所に乗客から乗車依頼があった場合のみ出発して予約のあった乗客を指定の地点まで迎えに行きます。


乗車後に指定の地点まで乗客を送り届けて運賃を徴収後に営業所に戻ります。

この繰り返しの作業が続きます。そして、ハイヤー運転手の場合は、タクシーみたいに夜勤業務が基本的にはありません。


殆どが日勤業務ですので、夜勤がない分体への負担が少なくなります。



しかし、都市部ではハイヤーとタクシーの違いが明確ですが、地方都市の場合はタクシーがハイヤーの面も兼ねている事もありますが、乗客が少ないので下手に流しで乗客を見つけようとしても経費の無駄になりますので、営業所に待機させておいて乗客からの電話があった場合に迎えに行くという所も中にはあります。

駅前で何台か待機していますが、基本的に地方のタクシー会社は、社名にタクシーとついていてもこのようなスタイルの所が多いです。
ただ、両方とも二種免許は必要ですし道路事情も把握しておかなければ仕事になりません。